0~1歳児での中耳炎に気を付けて!&お役立ちアイテム

こども

私は生後3か月で仕事に戻ったのですが
その頃から保育園に預けるようになったのですが、すぐに何か(の病気)をもらってきては職場へ行けなかったことが多々ありました。
まだまだ月齢が低いと本当にすぐ何かをもらってきます。(そうやって強くなっていくのですが)

我が家は
鼻水(透明)→鼻水(黄色)→発熱
がお決まりのパターンなのですが、なかなか休めないから発熱しないからいいかと鼻水を放っておいて中耳炎になってしまい、可哀相なことをしてしまったことがありました。

風邪の症状がある際に、小児科で耳も見てくれるところもありますが、適当だったり見てくれないところもあるので、私は、風邪をひいたら耳鼻科に行くのをおススメします。
(耳鼻科の先生いわく、おなかが下痢してるとか、おなか関係の症状がでていたら、小児科へ、そうでなかったら耳鼻科でも見れるとのこと)

強く耳鼻科をおススメするのには理由があります。

・小児科では耳を見てくれたとしても、ファイバースコープ等を使って耳がどうなってるかの映像を見せてくれない
(なので、本当に見えてるの?と不安になる)
・月齢の低い子供は「痛い、聞こえない」などの意思表示ができないので、中耳炎になってしまい難聴になっているのに「言葉が遅れているのかも…」(2歳くらい)というタイミングで気づくのを避けるため。
・耳鼻科の先生はプロでないと取れないような耳垢をとってくれる
(耳かきを嫌がるので、耳垢がたまることが多々あるのですが、以前アリより大きいくらいの耳垢が鼓膜近辺にたまっていて、とってくれたことがありました。音の聞こえもよくなったでしょう。)

しかし、すぐに耳鼻科へ行けないよという環境のママにおススメのアイテムがあります。


こちら。メルシーポット!
以前は、ママが吸ってあげるタイプのもの(ママ鼻水とって)で鼻水を吸っていましたが、子供の鼻水なめてました。
その鼻水に含まれている菌のせいかなんなのか、風邪をもらうもらう….
しかし、これならそんな心配はいりません!あと耳鼻科で鼻を吸引してくれると思いますが、同じくらいの威力で吸ってくれます。それはもう、固まってる系の頑固そうなやつまでギュンギュンと。

黄色の鼻水は細菌に感染してるというサインなのですが、その細菌をこまめに取り除いてあげることが大切です。

鼻がかめる3歳頃まで使えるので、(公式HPによると、花粉症で悩む大人にもおススメとのこと)
最初は「鼻の吸引器で1万以上もするの?」と思いましたが、耳鼻科に行く時間、待つ時間、交通費、や色々な事を考えるとコスパ的にも大変良い商品だと思います。
なので、かなりおススメ。

友人や親族の出産祝いに是非送ってあげたい商品です。

ままだあやの

1,146 views

当サイトの管理人です。 ライター歴約8年。Webディレクター歴約3年。現在Web制作系のお仕事をしています。Wordpress、Webデザイン、SEOの勉強...

プロフィール

ピックアップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。